Mikolaj Zielenski : Offertoria et Communiones Totis Anni
 (ミコライ=ジェレンスキー:奉献唱と聖体拝領唱)

(99/10/13)


収録作品
  1. Magnificat (Offertoria)
  2. Levavi oculos meos (Communiones)
  3. Factus est repente (Offertoria)
  4. Jestus ut palma florebit (Offertoria)
  5. In splendoribus sanctorum (Communiones)
  6. Salve festa dies (Offertoria)
  7. Video caelos (Communiones)
  8. Ortus de Polonia (Offertoria)
  9. Ego sum pastor bonus (Communiones)
  10 .In monte Oliveti (Communiones)
  11. Principes persecuti sunt (Communiones)
  12. Vox in Rama (Communiones)
  13. Viderunt omnes (Offertoria)
  14. Ave Maria (Communiones)
  15. Surrexit Dominus (Communiones)
  16. Contere Domine (Communiones)
  17. Laetantur caeli (Offertoria)

   解説に歌詞が記載されていないので,日本語の曲名を書けません(ラテン語はサッパリですで)。

演奏者
  Bornus Consort/Ensemble Vocal et Instrumental Linnamussikud de Tallin

  CD : ACCORD 202662(フランス)


 特売で1,100円で買ったCDです。「ジェレンスキー」なんて名前は聞いたこともなかったし,お店で付けた札には「演奏:ボーナスコンソート」なんて書いてあって,思わず笑ってしまったのですが,とりあえず怖いもの見たさで買ってきたCDです。
 1曲目の「マニフィカト」を聴いて「あれっ!」とおもいました。というのは,この曲がしばらく前にテレビのCMで使われていた曲だったからです。確か「マイカルカード」のCMで,城戸真亜子が丸っこい石の横で絵を描いているような内容のCMでした(笑)。制作者はよくこんなマイナーな曲を見つけてきたものです。

 ジェレンスキーは16世紀から17世紀にかけてポーランドの宮廷でオルガニストと楽長を務めていた人物だそうで,生没年や詳しい生涯はなにもわかっていません。唯一残された彼の作品は1611年にヴェネチアで印刷された作品集で,56の作品が収められています。曲集の前半には,12声の「マニフィカト」(三重合唱)をはじめ,7〜8声の二重合唱による作品が置かれ,後半は独唱から6声までの様々なタイプの作品 が収められています。曲の後に付いている (Offertoria) というのが前者で, (Communiones) というのが後者にあたります。それぞれミサの「奉献唱」・「聖体拝領唱」にあたる言葉だと思います。これらは固有文ですので,歌詞は様々なのだと思います。
(ミサの中で,日によって異なる言葉が定められているのが固有文。これに対してどの日でも同じ言葉が使われる部分は通条文という。「ミサ曲」のほとんどは通条文のみに作曲されている。)
このCDには作品集の中から17曲が選ばれています。

 ちょっと聴きではガブリエリかモンテヴェルディを思わせるような初期バロックの華麗な作品です。でも,ジェレンスキーの作品はそれらイタリアの作曲家の作品よりもぐっと力強く,しかし荒削りな感じのする音楽です。シュッツなどのドイツの音楽家に近い作風にも思えますが,でも,それともともまたちょっと違う感じがします。演奏にもよるのでしょうが,力でゴリゴリと押しまくってくる印象が強いです。田舎のローカルな作曲家と言って片づけてしまえばそれまでなのですが,それにしてはとても魅力のある音楽だと重います。

 演奏の方は決して最上とは言い難いのですが,なかなか力演しています。メインのグループはポーランドの人たちで,「ボルヌスコンソート」と読むようです。こちらは8人の声のアンサンブルで,リーダーがボルヌスさんという方です。共演しているもう一つのグループについては何も説明が書いてありませんが,「タリン」という言葉が入った名前からするとエストニアのタリンの人たちのようです。こちらは声が11人(うち2人は楽器も演奏)と,楽器が8人のアンサンブルです。


CD紹介へもどる

表紙へもどる