Priest on the run
 (逃走中の司祭)

(00/3/24)


収録作品urcd141
  1. D. Castello(fl.1625) : Sonata Terza
  2. D. Ortiz(fl.1590) : Two Spanish Dances
  3. G.Ph.Telemann(1681-1767) : "Gypsy" Sonata in A minor
  4. L de Narvaez(c.1500-1555) : Cançion del Empordor
  5. Anon(Venice, 1551) : Renaissance Revels
  6. B de Selma e Salaverde(c.1620-1680) : Canzona D'Espagna (No.1)
  7. H. Schmelzer(c.1620-1680) : The Cuckoo Sonata
  8. M. Uccellini(1610-1680) : La Bergamasca
  9. H. Purcell(1659-1680) : Two in One upon a Ground (from "Dioclesian")
  10. G. F. Handel(1685-1759) : Aria Amorosa (from Sonata Op.2-1)
  11. G.Ph.Telemann(1681-1767) : Fantasia for Viola da Gamba (from "Der Getreue Musiekmeister")
  12. C. Monteverdi(1567-1643)/M. Cazzati(1620-1677) : Zefiro's Ground
  13. A. Vivaldi(1676-1741): Concerto in D major RV92 "Priest on the Run"

演奏者:Red Priest
(Piers Adams-recorder/Julia Bishop-violin/Angela East-cello, viola da gamba/Julian Rhodes-harpsichord)
  CD : upbeat classics URCD141 (England)


 Red Priest−直訳すると「赤い司祭」です。これはもちろんヴィヴァルディを揶揄した言葉「赤毛の司祭」のことでしょう。解説によると,この方たちは16世紀から18世紀の音楽をジプシー風に演奏するそうで,なんだかかなり怪しげです。そういえばジャケットのデザインもなんか変ですね。
 演奏の方は,触れ込みのとおりテンポを大きく揺らし,特に早いところはメチャメチャ早い,独特な演奏です。ただ,曲自体に変な編曲を入れていませんし,楽器もちゃんとした古楽器ですので,ジャケットから感じるほどの怪しい演奏ではないと思います。特にリコーダー奏者のアダムスさんが超絶技巧をめいっぱい披露してくれてます。まあ,よくもこれだけ吹けるものです。またそれだけではなく,ヘンデルやパーセルなどはなかなかしっとりとした演奏ですが。ともかく,びっくりしたい方にはおすすめのCDです。


CD紹介へもどる

表紙へもどる