レグレンツィ(Giovanni Legrenzuxi 1626-1690)


 ヴィヴァルディの師であり、アルビノーニも教えを受けた可能性があるというレグレンツィですが、その生涯の詳しいことはよくわからないようです。
CDの解説から得られた情報は以下の程度でした。
1626年
ベルガモ近郊のクルゾーネ(Clusone)で生まれる。
彼の父親ジョヴァンニ・マリアはヴァイオリニストで、まずはこの父親から音楽を習ったのでしょう。
1645年
19歳でベルガモの聖マリア教会のオルガニストとなる。
1654年
最初の作品集を出版する。(CONCERTI MUSICALI PER USO DI CHIESA, opus 1)
1657年
フェラーラのスピリトゥ・サント音楽院の楽長となる。最初のオペラを作曲。1665年までここで勤める。
1660年以降
他の都市へ職を求めてモデノ、ミラノ、ボローニャ、ヴェネチィアなどへ求職活動をするが採用されなかった。一方、パリの宮廷からの誘いがあったが、これには健康上の問題から応じることができなかった。
1671年
ヴェネツィアへ移り、メディカンティ音楽院(Consrvatorio dei Medicanti)に勤める。
1685年
サン・マルコ大聖堂の楽長となる。
1690年
ヴェネツィアで没。
 彼は社交的で愛想のよい人物だったそうです。彼の家では様々な演奏会が催され、外国の音楽家も多く参加し演奏していたとのことです。また、メロディーメーカーとして有名だったようで、後の時代のチャールズ・バーニーも「some of the best melodies of the time」と述べているそうです。
 オペラやオラトリオをはじめ、多数のカンタータや合奏曲が残されているらしいのですが、録音は少なく、今日耳にできる作品はわずかしかありません。
 彼の作品はブクステフーデなどの北ドイツの音楽に通じる「渋さ」があって、私はとても気に入っています。もしかしたら、ドイツの人たちがレグレンツィをお手本にしたのかもしれません。

 バッハの「レグレンツィの主題によるフーガ」(BWV574)のテーマの元となった作品は、残念ながらいまだに発見されていません。このフーガの初期稿(BWV547b:アンドレアス=バッハ本に収められている)に「レグレンツィのテーマによる」と書かれているとのことなので、バッハがレグレンツィの作品を知っていたのは間違いなさそうですが、いったいどんな曲だったのでしょうか?


レグレンツィの作品を収めたCDは以下のものがあります。

Giovanni Legrenzi  Sonata e Motetti
      (ソナタとモテット)
SUPRAPHON SU3185-2931 演奏者 MUSICA ANTIQUA PRAHA
CD番号 SUPRAPHON SU3185-2931(チェコ)
収録内容 SONATA "LA AQUARZONA"
O DILECTISSIMA JESU
SONATA "LA CREMONA"
HODIE COLLENTANTUR
O VOS QUI INTER
SONATA a 5 "LA MARINONA"
NON SUSURATE
SONATA a 3 "LA ROSSETTA"
HUMILI VOCE
SONATA PRAIMA a 5
OMNES GENTIS


Giovanni Legrenzi  LA MORTE DEL COR PENITENTE Oratorio in due parti
      (「改悛した心の死」2部のオラトリオ)
DIVOX CDX79504 演奏者 Roberta Invernizzi, Erizabetta de Mircovich (Soprano)
Paolo Costa (Alto)
Mario Cecchetti, Marco Beasley (Tennore)
Sergio Foresti (Basso)
SONATORI DE LA GIOIOSA MARCA
CD番号 DIVOX CDX79504(イタリア)
収録内容 LA MORTE DEL COR PENITENTE Oratorio in due parti


Giovanni Legrenzi  MISSA Opus 1 - SONATA DA CHESA
      (ミサ 作品1、教会ソナタ)
PIERRE VERANY PV700033 演奏者 ENSEMBLE OLIVIER OPDEBEECK
CORI SPEZZATI
Orivier Opdebeeck (dir.)
CD番号 PIERRE VERANY PV700033(フランス)
収録内容 Missa
Sonata "LA TASSA"
Sonata "LA BENAGLIA"


LEGRENZI・ROSSI INVENTIONI E STRAVAGANZE
      (レグレンツィ・ロッシ 創意と風変わり)
OPUS111 OPUS30-186 演奏者 EUROPA GARANTE
FABIO BIONDI (dir.)
CD番号 OPUS111 OPUS30-186(フランス)
収録内容
Carlo Falina (c.1600 - c.1640)
Capriccio stravagante
Marco Uccellini (1603 - 1680)
Sinfonia La suavissima
Sinfonia La gran bottaglia
Giovanni Legrenzi
Sonata a quattro n.5
Sonata a quattro n.6
Giovanni Battista Mazzaferrata (d.1691)
Sonata a due violini, basso e continuo
Giovanni Battista Vitali (1632 - 1690)
Capriccio a quattro Op.5
Andrea Falconieri (1585 - 1656)
Sonata detta L'Infante arcibizzarra
Biagio Narini (1587 - c.1630)
Passacaglia in sol minore
Salomone Rossi (1570s - c.1630)
Sonata detta La moderna


Harmonie Veneziane 1660 - 1690 String Music of the Venetian Republic
      (ヴェネツィアの調和〜1660年から1690年のヴェネツィア共和国の弦の音楽)
ERATO 0927-49143-2 演奏者 SONATORI DE LA GIOIOSA MARCA
CD番号 ERATO 0927-49143-2(ドイツ)
収録内容
Francesco Cavalli (1602 - 1676)
Sinfonia a 5 (from Eliogabalo)
Johann Rosenmüller (c.1619 - 1684)
Sonata I a 5
Sonata II a 5
Sonata III a 3
Sonata VIII a 4
Giovanni Legrenzi
Sonata a 5 "La Cremona"
Sonata I a 4 violini
Sonata V a 4 viole da gamba ò come piace
Corrente IX a 5
Pietro Andrea Ziani (c.1620 - 1684)
Sonata XV a 5
Sonata VIII a 4
Carlo Fedeli "SAGGION" (c.1622 - 1685)
Sonata a 4 "in echo"


Giovanni Legrenzi
      (ジョヴァンニ=レグレンツィ)
ANTES BM-CD911016 演奏者
CAPELLA MAURIZIANA
Loredana Bachetta (Soprano)
Massimiliano Italiani (tenor)
Alberto Guerrero (violoncello)
Maurizio Piantelli (tiorba)
Luigi Panzeri (organo)
Mario Valsecchi (cembalo, dir.)
CD番号 ANTES BM-CD911016(イタリア)
収録内容
ACCLAMATIONI DIVOTE A VOCE SOLA LIBRO PRIMO, Opera10 (BOLOGNA 1670)
Angelorum ad conviva. Soprano. Per il Santssimo
En homo. Tenore. Per ogni tempo.
Durum cor. Soprano. Per ogni tempo.
Plaudite vocibus. Tenore. Per um santo.
ECHI DI RIVERANZA DI CANTATE E CANZONI LIBRO SECONDO, OPERA14
Cante scioglietemi.
A pie d'un fonte.
A battaglia vi sfida Cupid


もどる